医療と介護の連携を構築するケアマネジメント・セミナー開催

9月12日八王子開催

ダウンロード
八王子・9月12日開催
今回は特に実地指導に関して新しい指針がでましたので、実地指導に対応するための準備を説明します。
他に参議銀選挙終了し介護保険改革の議論が本格化、法改正のことも解説します。
来年は診療報酬が改定されます。今、調剤薬局の議論もされて、ケアマネジャーとの関係が強くなりケアマネジメント特に服薬管理に欠かせない関係を薬剤師から説明してもらいます。
チラシ(八王子3回目).pdf
PDFファイル 222.7 KB

申込期限は9月10日

8月29日藤沢開催

ダウンロード
新しい実地指導運用指針の解説セミナー
5月に厚労省から出された新しい実地指導運用指針の解説をします。
実地のときに慌てないように日ごろから備える書類、注意して書くことを解説します。
チラシ(2019,8藤沢).pdf
PDFファイル 199.8 KB

開催日:8月29日(木)午後3時から5時まで

場所:神奈川県藤沢

申込期限は8月26日


どちらも申込はチラシをダウンロード、必要欄に記入してFAXでお願します。


2019年前半の介護業界の出来事

今年2019年の前半で起こった

介護保険法の改正

骨太の方針2019に記載された介護保険制度

新元号

和光市職員の不祥事

を取り上げて解説しました

4分50秒


人生百年社会におけるケアマネジメント―看取り

人生百年社会でのケアマネジメント

今回は看取り。

看取りの考え方、実施する際の資料、実務に

ついて解説しています。

本編を見るためにはパスワードが必要です。

パスワードは右からメールアドレス記入で

パスワードのメールを返信します。

本編は「独立ケアマネのページ」→「ケア

マネジャーのページ」にパスワード入力で

閲覧できます。

メモ: * は入力必須項目です



想像を超える日本の高齢社会

高齢社会にある日本では、これから人生百年が現実になります。

いままでの社会福祉の考え方を覆す社会を向かえます。人生百年という社会にこたえるケアマネジメントが求められています。

介護保険制度とケアマネジャー

人生百年社会を向かえる日本では介護保険制度を創設して備えています。

保険制度では保険者と被保険者という関係から利用者と行政という関係に昇華させていくことから、保険制度がうまく機能します。

法律に基づいて設立、運営されている介護保険制度では、ケアマネジャーが行うことも決められています。

右のような業務がもとめられています。

ケアマネジャーの業務

介護保険法に基づいて業務を行うケアマネジャーの仕事内容をまとめると右のようになります。

項目を挙げました。

ケアマネジャーの仕事内容には、介護保険法での保健給付を管理する給付業務、利用者の生活を支える生活支援業務そして利用者の状態を改善し自立に向かう業務があります。

ケアマネジャーが行う業務の項目は左の通しです。

これらの項目を順番に着実に行うことになります。

利用者がサービスを利用するにはケアマネジャーの説明が欠かせません。

利用者を含めサービスを提供する者にも説明して、ケアマネジャーが考えるケアを実現していきます。

ケアマネジャーが行うケアプランの説明によってサービス利用にはさまざまな状態があります。

ケアマネジャー自身の影響、利用者の事情、サービス事業者の状態がどう影響するか、さまざまな状況になります。それらを検証してケアマネジャーが求めるケアにつなげていくことになります。