想像を超える日本の高齢社会

高齢社会にある日本では、これから人生百年が現実になります。

いままでの社会福祉の考え方を覆す社会を向かえます。人生百年という社会にこたえるケアマネジメントが求められています。

介護保険制度とケアマネジャー

人生百年社会を向かえる日本では介護保険制度を創設して備えています。

保険制度では保険者と被保険者という関係から利用者と行政という関係に昇華させていくことから、保険制度がうまく機能します。

法律に基づいて設立、運営されている介護保険制度では、ケアマネジャーが行うことも決められています。

右のような業務がもとめられています。

ケアマネジャーの業務

介護保険法に基づいて業務を行うケアマネジャーの仕事内容をまとめると右のようになります。

項目を挙げました。

ケアマネジャーの仕事内容には、介護保険法での保健給付を管理する給付業務、利用者の生活を支える生活支援業務そして利用者の状態を改善し自立に向かう業務があります。

ケアマネジャーが行う業務の項目は左の通しです。

これらの項目を順番に着実に行うことになります。

利用者がサービスを利用するにはケアマネジャーの説明が欠かせません。

利用者を含めサービスを提供する者にも説明して、ケアマネジャーが考えるケアを実現していきます。

ケアマネジャーが行うケアプランの説明によってサービス利用にはさまざまな状態があります。

ケアマネジャー自身の影響、利用者の事情、サービス事業者の状態がどう影響するか、さまざまな状況になります。それらを検証してケアマネジャーが求めるケアにつなげていくことになります。